1.画面に垂直な方向を表す記号
丸に十文字は向こうに飛んでいく矢の後ろが見えており、
丸に点はこちらに飛んでくる矢の先端が見えていると考えてください。

図2.1

2.偶力について
地球ゴマが机の上で回っており、その上端を向こうに押した場合偶力として働くのでしょうか?
図のような重い物体が机の上にあり、少し押してみます。
この時、物体は動かず、押す力と摩擦力とがつり合うことになります。(図左)
物体の上部を押すと、その力と摩擦力とは同じ大きさになりますが、作用線が
異なるので偶力となります。(図中)

コマの上部を軽く押した場合も、その力と摩擦力とが偶力を作ることになります。
普通のコマの場合は、これに相当します。

ただ、上端と下端とを同時に押した場合は、重心点を中心に回転することになり、少し異なります。
地球ゴマでは、この場合の実験も行うことができます。

図2.2



 
コマが止まっている時の倒れ方。
左 普通のコマの場合  右 重心を中心に回転する場合
  図2.3
        

3.運動の合成について
ここでは球面上で運動の合成を行っていますが、次の問題とほぼ同じと
考えてください。
今、動く歩道があって、毎秒4mで動いており、その上でボールを
歩道に直角に毎秒1mで動かしたら、実際のボールの動きは
どうなるでしょうか?

図2.4



4.歳差運動について
本文で、最後の2つの図の関係が良く分からなかった方は下図を参照して下さい。
図2.5


ここで、加わる力の方向、軸頂の移動方向、回転軸はお互いに直交しています。


5.これまでの説明でも、よく分からなかった方への補足説明。

具体的に数値を入れて考えた方が分かり易いので例を挙げてみました。

1.球の赤道の長さが100mmのコマを考え、その表と真裏に2つの点をとる。
 (球の中心を挟んで丁度反対の点)
2.球を毎秒100回転させ、一つの点が丁度真正面に来た時に、100万分の1秒間、軸の上端に力を加える。
  (その間に点は100分の1mm動く。)
3.その後の1万分の1秒間の点の動きを調べる。(1mmに相当)